2008.01.05

明けまして おめでとうございます

明けまして おめでとうございます。

昨年も様々なところで「偽り」が社会を揺るがした年でした。

信じることと、偽ること。この二つは表裏一体。
不正・犯罪が多発する現代社会では監視が強くなってしまうのは仕方がないのかもしれませんが、それは決して望ましいことではないはずです。

信じることは易しいことではありません。
しかし社会や組織の課題は常にあり、いつも誰かがそれを解決してくれる訳でもなく、自然に消滅する訳でもなく、一人では成り立たない社会・組織だからこそ、信頼できる関係を築かなければその課題は解決できません。

気づいた課題から目をそらさずに、出来ることは行動し、出来ないことは他者と課題を共有する。

それが「私・発」。

それぞれが持っている知恵、能力、モノを開放すれば、「私・発」の大概のことは公共性を持ち、普遍性へと繋がります。

自分と他者を信用し、「私・発」を開放する。
2008年 信じることから始めてみませんか。

今年もよろしくお願いします。


8119938_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«★★★もうひとつの住まい方研究大会★★★