フォト
2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 知らぬ間に進む、重大事項。 | トップページ

2014年6月11日 (水)

なんとなく決まる、30億の事業

案外知られていないことだが、都内の公立学校(小・中学校)は昭和30年代~40年代建てられたものが数多く、それらは建築基準法の改正前で耐震基準が旧基準で設計されている。当然避難場所にもなる公立学校の耐震性は実は怪しいものもある。(耐震補修工事は其々進んでいるが)

 
学校改築検討委員を務めていた頃、報告書に記載されていた建替え予算目安は一校当たり約30億円。基準数値があったと記憶しているが築50年に近い学校は20近くあり、その費用は膨大で驚いたのを記憶している。検討委員を務めてから10年弱、実際に建替えしたのは未だにその時の一校だけだ。

 
予算問題、各基準、合意形成等なかなか大変な事業だが、行政内部の仕組みに参画して一番不思議だったのはそのプロセスだった。

 ざっくり言ってしまえば、民間ではその110の事業予算でさえも濃密な検討がされるのに、なんとなく決まっていく不思議さがあるのだ。

 

なぜ、そうなるのか? 
民間事業と比較して明らかにしてみよう。

« 知らぬ間に進む、重大事項。 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62175/59800531

この記事へのトラックバック一覧です: なんとなく決まる、30億の事業:

« 知らぬ間に進む、重大事項。 | トップページ